川崎区の歯医者、歯科


エナメル質はその殆どが”ハイドロキシアパタアイト”というカルシウム結晶で構成されてます。
この結晶は日々口腔内でカルシウムの吸収、放出(脱灰だっかい)を繰り返してます。
吸収>脱灰だと歯は丈夫になります。
吸収<脱灰 むし歯になったということですね。
このやりとりを少なくすることができます。
それがフッ化物なのです。
フッ化物はハイドロキシアパタイトの結晶構造の一角に取り込まれ、結晶として安定な
”フルオロオパタイト”に変化させる作用があるのです。
また、カルシウムの吸収を増やす方法があります。
そう、唾液を沢山つくるのですね。
食事を3食しっかりとりましょう!
ガムをかむのも有効です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年11月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る