川崎区の歯医者、歯科

「なくそう 減らそう 歯周病」シンポジウム

毎日新聞社のサイトより転載。
近年、歯周病と糖尿病には密接な関係にあることが判明し、双方を同時に治療する必要性が指摘されております。そこで、両者の関連性や早期治療の必要性など正確な情報を提供する場が必要と考え、日本歯科医師会と毎日新聞社は、「なくそう 減らそう 歯周病」シンポジウムを開催します。
 歯周病及び糖尿病の基礎的な知識とその相互関係の研究結果を中心に、日頃の口腔ケアについて取り上げると共に、実際の治療現場で医師と歯科医との間でどのような連携がとられているのか、さまざまな取り組みを行っている広島県歯科医師会による講演などを行います。ぜひご参加ください。


【共催】
毎日新聞社、(社)日本歯科医師会
【後援】
厚生労働省、健康保険組合連合会、国民健康保険中央会、(社)日本医師会、日本歯科医学会、特定非営利活動法人日本歯周病学会、(社)日本糖尿病学会、(社)日本糖尿病協会、日本糖尿病対策推進会議、(財)8020推進財団(予定)
【協賛】グラクソ・スミスクライン(株)、(株)ロッテ
入場無料 先着順450名
【日時】
2月28日(日)13時30分~16時(開場13時)
【場所】
THE GRAND HALL(東京都港区港南2-16-4 品川グランドセントラルタワー3F)
【交通】
JR「品川」駅港南口から徒歩3分。
京浜急行線「品川」駅から徒歩6分。
*「品川」駅からコンコース(スカイウェイ)にて直結
【プログラム】
基調講演「歯周病について」
 永田 俊彦氏(徳島大学大学院教授)
特別講演「歯周病と糖尿病の治療における医科・歯科連携について」
 宗永 泰一氏(広島県歯科医師会理事)
パネルディスカッション「歯周病と糖尿病の治療における医科・歯科の連携について」
~これまでの取り組み・今後の取り組みについて
 永田 俊彦氏(徳島大学大学院教授)
 宗永 泰一氏(広島県歯科医師会理事)
 コーディネーター 斗ヶ沢秀俊(毎日新聞社編集局科学環境部長)ほか
※プログラム、講師は急きょ変更となる場合があります。
【定員】
450名・先着順。
※応募人数が定員に達し次第、締め切り。参加者には聴講券を発送します。
※ご応募いただいた方の個人情報は聴講券の発送にのみ使用します。
【お問い合わせ】
毎日企画サービス「歯周病シンポジウム」係 TEL.03-3212-2273(土・日・祝日を除く10時~17時)

申し込みフォーム

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年8月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る