川崎区の歯医者、歯科

知覚過敏におすすめ


歯科衛生士のはたけやまです。
知覚過敏
歯周病等で歯肉退縮が起こると象牙質が露出し、さらに強すぎるブラッシングによる磨耗、
プラークによる脱灰などで、象牙細管が開いていきます。
そこに様々な刺激(冷水などの温度刺激やブラッシングの刺激)が加わるたびに、
管の内容液が移動し神経が刺激され、歯がしみるといわれています。
これが知覚過敏です。
これにはブラッシング圧のコントロール・抑制剤の塗布・歯磨剤を見直すことにより改善することができます。
当院では知覚過敏で歯がしみるのを防ぐ歯磨剤として「ガム デンタルジェル センシティブ」をおすすめしています。
露出した象牙質の再石灰化を促進するフッ素・神経への刺激を阻害する硫酸カリ
ウム・歯周病菌を殺菌する塩酸クロルヘキシジンが配合されています。
また研磨剤が無配合で歯にやさしいジェルタイプになっていますので、歯のすみずみにいきわたりブラッシングに適しています。
ステインが気になる方には「歯科専用アパガードリナメル」をおすすめします。
ガム デンタルジェル センシティブ 650円(税込)
歯科専用アパガードリナメル 1,980円(税込)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年8月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る