川崎区の歯医者、歯科

全身疾患のリスク要因になる歯周疾患について

 近年歯周病菌が心内膜炎の患者の心内膜より検出され、歯周病菌と全身疾患との関連が取りざたされております。歯周病を引き起こす歯周ポケット(歯を支える歯槽骨との隙間がこわれてできた袋の部分)の炎症部位の微小血管より、菌が進入して血流に乗って感染していると思われてます。4-5年ほどまえの知見では、学会レベルではガセネタ扱いだったのですが、最近では逆転して学会の一線級の教授たちがこぞってリスクを唱え始めております。 先日東京歯科大学解剖学教授の講演をうけたときは、ずっと昔から献体を見ながら類推していたと仰ってました。
2006年6月3日(土)に渋谷にてコレに関するシンポジウムがあります。
 参加無料なのでご希望の方はご参加されてはいかがでしょうか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る