川崎区の歯医者、歯科

歯科衛生士のすずきです。
今回は私くしが大田区の高齢者向けのレクチャーで行っている”口腔機能訓練”についてお話します。
●口呼吸
口の周りの筋肉(口輪筋)が弱いと、
口をうまく閉じられず鼻ではなく口で呼吸してしまいます。
口呼吸をしていると口内が乾燥して口臭の原因になったり、
虫歯や歯周病を進行させたりすることがあります。
また汚れがこびりついて歯磨きでは落としにくくなっていきます。
口輪筋体操で口輪筋を鍛え鼻呼吸をしましょう。
●口輪筋体操
①「アー」「エー」「イー」「ウー」「オー」と
口の周りの筋肉を動かす事を意識して、
大きく声を出しながら発声します。
②舌を上下、左右に5秒間ずつを3セットおこないます。
最後に一番長く「べー」と出します。
口の周りの筋肉が鍛えられると、口が閉じられるだけではなく
笑ったときに頬が上がりやすく明るい表情になります。
アンチエイジング効果も期待できますよ。
介護クラブのHPに実際の絵があり、参考になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年11月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る