川崎区の歯医者、歯科

スコープ利用の歯科治療


3年前から米国製の『サージテル』という拡大鏡(スコープ)を使い治療しています。


元々視力は1.5と良好なのですが、今まで見えなかった細かい物が見えるようになり重宝しています。
特に親知らずの抜歯の時にはハロゲンランプを装着すると、歯槽骨と根の境目などが明瞭に見えます。
目づまりした根の管の探索などにも抜群の威力を発揮します。
細かく見える=細かい手さばきが出来るといえます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年12月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る