川崎区の歯医者、歯科

ケア用品~歯間ブラシについて~


歯科衛生士のいずみやまです。
年齢とともに歯ぐきが痩せて、歯と歯のあいだが空いてしまったと感じてる方はいらっしゃいますか?
歯と歯の間はハブラシの毛先が届きにくいために、歯垢が残ってしまいます。
こういう時のケアに歯間ブラシをおすすめします。
歯間ブラシをハブラシと併用して使うことで、歯垢が除去でき虫歯や歯周病の予防に大変効果があります。
歯間ブラシはすきまの大きさに合わせて、SSS~LLサイズまでの太さがあり、
ブラシの形は、ストレート・テーパー(台形)・バレル(ひし形)の3タイプが
あります。
当医院ではストレートタイプを使用しています。柄の形も様々です。
サイズは太すぎても間に通らず、歯ぐきを痛めることになりますし、細すぎても汚れを落とすことができません。
歯科医院でクリーニングする際に、サイズの確認をしてもらうとよいと思います。
食べ物が詰まったときによく楊枝を使う方がいらっしゃいますが、歯ぐきを痛め
るのであまりおすすめできません。
ドラッグストアなどではあまり見かけないかもしれませんが、
ブリッジなどの補綴物がある場合には、隙間に通して使う、「スーパーフロス」
という糸もあります。

DENT EX歯間ブラシ(4本入り)500円(税込)
スーパーフロス 1,000円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年11月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る